労災 労災保険とは

労災保険はパートでも利用可能!働き方は関係ないが掛け持ちは注意

どうも、労災認定を受けたゴローです。

早速ですが、仕事が原因でケガや病気になったのに、会社からこのように言われていませんか。

「労災は正社員だけで、パートの人は労災を使えない」

実はこのような発言は会社が違法行為を犯している可能性があります。

なぜなら、労災は1人でも従業員を雇用している会社での経営者や役員以外のすべての従業員の分を強制加入することが義務付けられているからです。

このページではパート(アルバイト)の人が労災を利用するときのポイントを紹介しています。

読み込んでいただければ、あなたのケガや病気も労災申請することができるようになります。

労災保険の加入対象者

オフィス

労災保険は、働く人が万が一、仕事が原因で働くことができなくなってしまった場合に、治療費や給与を補償する保険です。

本来は、仕事上のケガや病気は会社が補償しなければなりませんが、会社の経営状態などによっては、働く人が補償を受けることができず、安心して働くことができません。

そのため、法律で、経営者や役員を除くすべての従業員の分を加入することが義務付けられています。

一部の会社では強制では任意加入になっていますが、その会社は従業員が5人未満で個人経営の農林水産業ですので、ほとんどの会社は加入しています。

会社が自分の労災保険の加入手続きをしていなかった場合

安心してください。

法律で加入することを義務付けられていますので、会社が加入手続きを怠っていたからといって、あなたが労災の補償を受けられなくなるわけではありません。

パートとアルバイトの違い

求人票を見ると、パートやアルバイトと書かれているのを見ると思います。

一般的なイメージとして、パートは主婦が家事の合間にやるもの、アルバイトは学生や副業で行うものというイメージがあります。

しかし、法的地位はどちらも短時間労働者となり、違いはありません。

パートの人が労災申請する手順

step

パートの人に限らず、正社員でも契約社員でも労災申請を行う手順は同じです。

1.病院で診察を受ける

2.仕事でケガや病気になったことを会社に報告

3.会社は労働基準監督署に報告

4.労災申請を行う

5.労働基準監督署の調査を受ける

6.労災認定を受けて、給付金を受給する

交渉
【記入例あり】労災申請に必要な書類を5W1Hで解説

どうも、労災認定を受けることができたゴローです。 今回は以下の悩みをお持ちの方向けの記事になります。 「労災申請をしたいけど、色々な書類があってどれを出せばよいのかわからない」 「労災認定に受けるため ...

続きを見る

複数の会社で働いている場合の労災申請

休職

複数の仕事を掛け持ちしていても、労災は利用することができます。
正しく労災申請をするために抑えておくべきポイントを紹介します。

仕事と仕事の間に起きた通勤災害

通勤災害は仕事と職場の間で起きた事故のイメージですが、以下のようなケースを労災では通勤災害に該当します。

1.住居と就業場所の間との往復

2.就業場所から他の就業場所への移動

3.住居と就業の場所との間の往復に先行し、又は後続する住居間の移動

通勤中の日常生活に必要な行動で、通勤を逸脱・中断したような場合に起きた事故では、通勤災害と認められる場合もありますが、単に寄り道したような場合には該当しません。

日常生活で必要な行動

具体的には、以下のような場合は、寄り道ではなく、日常生活で必要な行動とされます。

1.日用品の購入その他これに準ずる行為

2.職業訓練、学校教育法第1条に規定する学校において行われる教育その他これらに準ずる教育訓練であって職業能力の開発向上に資するものを受ける行為

3.選挙権の行使その他これに準ずる行為

4.病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他これに準ずる行為

給付金への影響

労災の休業補償給付金は、給与の8割を補償してくれる手厚い給付金です。
休業補償の給付金は、労災が発生する直前の3ヶ月間の平均賃金を元に給付額が決定します。

複数の会社で仕事をしている場合は、掛け持ちしている仕事のすべての賃金を合算するのではなく、ケガや病気の原因となった仕事の平均賃金のみで給付額が決められます。

そのため、ケガや病気で他の仕事ができなくなったとしても、すべての仕事の分の給与が補償されるわけでない点に注意が必要です。

お金と時間
労災の休業補償を申請する全手順【いつまでにいくら払われるのかを解説】

どうも、労災認定を受けることができたゴローです。 今回の記事は以下の悩みをお持ちの方に向けた記事になります。 「労災の休業補償を申請したいけど、いつ頃、いくらもらえるのだろうか」 「休業補償給付の申請 ...

続きを見る

まとめ

労災保険は、働く全ての従業員が利用できる保険です。

パートやアルバイトだからといって利用できないわけではありません。
労災申請の手続き自体も正社員の方と同じです。

ただし、複数の仕事を掛け持ちしている場合は、ケガや病気で働けなくなったとしても、原因となった仕事の給与分しか補償を受けることができない点に注意が必要です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
ここでの情報があなたの新しい一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

  • この記事を書いた人
goro

ゴロー

うつ病で休職して労災認定された人。復職せず、フリーランスと会社員のダブルワーク。休職してからフリーランスで稼ぐまで3年間は給料なし。休職・傷病手当・労災保険・失業保険など再起を図るために必要な情報を配信中。会社や役所が丁寧に教えてくれず「原則は〜」で説明を終わらせてる情報を、うつ病、休職、退職で苦しんでる人に届けたい。 【経歴】 ブッラク企業入社→うつ休職→労災認定→職業訓練→フリーランスと会社員のダブルワーク

-労災, 労災保険とは

© 2022 休職の歩き方